2107-slide01

理事長挨拶

代表理事の佐茂と申します。
持続可能な社会の実現が叫ばれる昨今、再生可能エネルギー(太陽光発電)・インフラの強靭化(災害に強いまちづくり)・食(農業)・は、まちづくりに欠かせないものであると考え当協会を立ち上げました。ご存知のように日本のエネルギー自給率はたったの11.8%と非常に低く、海外からの資源輸入に頼っているのが現状です。これからは地域で電気を創り地域で使う、「エネルギーの地産地消」を行い、災害時でも停電のしない「強いまち」を作ることを目指しております。そして食も同じです。地域で作って地域で食す。「食の地産地消」を自然栽培で行ってまいります。
未来を担う子どもたち、そしていずれ老いていく自分たちのために今、何が出来るか。賛同して頂ける方々と連携し邁進してまいりますので、応援宜しくお願い申し上げます。

代表理事

理事長挨拶

代表理事

代表理事の佐茂と申します。

持続可能な社会の実現が叫ばれる昨今、再生可能エネルギー(太陽光発電)・インフラの強靭化(災害に強いまちづくり)・食(農業)・は、まちづくりに欠かせないものであると考え当協会を立ち上げました。

ご存知のように日本のエネルギー自給率はたったの11.8%と非常に低く、海外からの資源輸入に頼っているのが現状です。これからは地域で電気を創り地域で使う、「エネルギーの地産地消」を行い、災害時でも停電のしない「強いまち」を作ることを目指しております。そして食も同じです。地域で作って地域で食す。「食の地産地消」を自然栽培で行ってまいります。

未来を担う子どもたち、そしていずれ老いていく自分たちのために今、何が出来るか。賛同して頂ける方々と連携し邁進してまいりますので、応援宜しくお願い申し上げます。

クラウドファンディング

クラウドファンディング

開催中のクラウドファンディング
商品1

富いちご絵本予約販売

¥3,300 税込

送料:全国一律 ¥520

富いちごちゃんが遂に絵本に!
2021年にスタートした無農薬無肥料の自然栽培による富いちごプロジェクトがお陰様で、
多くの方々に支援をいただき順調に収穫を迎えることが出来ました。
富いちごちゃんが頑張る姿に多くの方に関心を寄せていただき、パティシエ、シンガーソングライター、
出版社、医師、管理栄養士など全国より様々な職業の方が見学にお越しいただきました。
一体なぜそれほどまでに「富いちご」の魅力に惹かれるのか?
その魅力をギュッと詰め込んだ、素敵な絵本を現在制作中ですので、是非お楽しみに♪

【富いちご絵本プロジェクト】
1000冊の制作費用200万円を、予約販売にてご支援をいただきたいと考えております。
お届けは2023年1月を目指しておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

→ Stores.jpで詳細を見る

富いちご絵本予約販売

¥3,300 税込

送料:全国一律 ¥520

富いちごちゃんが遂に絵本に!
2021年にスタートした無農薬無肥料の自然栽培による富いちごプロジェクトがお陰様で、多くの方々に支援をいただき順調に収穫を迎えることが出来ました。
富いちごちゃんが頑張る姿に多くの方に関心を寄せていただき、パティシエ、シンガーソングライター、出版社、医師、管理栄養士など全国より様々な職業の方が見学にお越しいただきました。
一体なぜそれほどまでに「富いちご」の魅力に惹かれるのか?
その魅力をギュッと詰め込んだ、素敵な絵本を現在制作中ですので、是非お楽しみに♪

【富いちご絵本プロジェクト】
1000冊の制作費用200万円を、予約販売にてご支援をいただきたいと考えております。
お届けは2023年1月を目指しておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

→ Stores.jpで詳細を見る

開催予定のクラウドファンディング

現在ございません。

一般社団法人未来環境エネルギー協会とは?

自然栽培事業

現在、日本の食料自給率はカロリーベースで37%(2021年)と言われていますが、実情は更に深刻な状況です。現在の日本の農業は、海外資源に90%以上頼った化学肥料を多用していることから、我が国の資源だけで生産できる真の食料自給率は約10%とも言われています。今後、日本の食料自給率の向上を目指し、更に地球環境に負荷をかけない農法として、無農薬無肥料無除草剤である自然栽培の普及を目指します。そして、ソーラーシェアリングによる電気と食料を同時に生み出しながら、障碍者雇用にも取り組み農福連携も目指します。自然栽培だからこそ出来る、現在の社会問題の解決に向けて本事業を推進してまいります。

一般社団法人未来環境エネルギー協会とは?

自然栽培事業

現在、日本の食料自給率はカロリーベースで37%(2021年)と言われていますが、実情は更に深刻な状況です。現在の日本の農業は、海外資源に90%以上頼った化学肥料を多用していることから、我が国の資源だけで生産できる真の食料自給率は約10%とも言われています。

今後、日本の食料自給率の向上を目指し、更に地球環境に負荷をかけない農法として、無農薬無肥料無除草剤である自然栽培の普及を目指します。そして、ソーラーシェアリングによる電気と食料を同時に生み出しながら、障碍者雇用にも取り組み農福連携も目指します。

自然栽培だからこそ出来る、現在の社会問題の解決に向けて本事業を推進してまいります。

SDGsへの貢献

一般社団法人未来環境エネルギー協会は、持続可能な世界の実現に向け国連が定めた2030年までの国際的な目標であるSDGs(Sustainable Development Goals : 持続可能な開発目標)に対して、その理念に共感し、事業活動と社会貢献活動を通じて、目標達成に貢献します。

SDGs項目
SDGs項目

ソーラーシェアリング事業

「ソーラーシェアリング」とは、農地に高い架台と太陽光パネルを設置して太陽光発電と農業を両立させながら電力と食料の2つのエネルギを生み出すシステムです。太陽光パネルを一定の間隔をあけて設置することで、作物に必要な日射を確保し営農への影響を極力小さくすることで、両立が実現。農地を守りながら農業収入を得ることに加え、発電した電気も電力会社に売ることで売電収入を得る新しい農業の形、それがソーラーシェアリングです。更に当協会では、輸入資源に頼らない無肥料無農薬による自然栽培の農法にて、環境負荷の軽減を目指しながら、エネルギー自給率、食料自給率の向上を目指します。

ソーラーシェアリング事業
SDGs項目
SDGs項目

SDGsへの貢献

一般社団法人未来環境エネルギー協会は、持続可能な世界の実現に向け国連が定めた2030年までの国際的な目標であるSDGs(Sustainable Development Goals : 持続可能な開発目標)に対して、その理念に共感し、事業活動と社会貢献活動を通じて、目標達成に貢献します。

SDGs項目

SDGs項目

ソーラーシェアリング事業

「ソーラーシェアリング」とは、農地に高い架台と太陽光パネルを設置して太陽光発電と農業を両立させながら電力と食料の2つのエネルギを生み出すシステムです。太陽光パネルを一定の間隔をあけて設置することで、作物に必要な日射を確保し営農への影響を極力小さくすることで、両立が実現。農地を守りながら農業収入を得ることに加え、発電した電気も電力会社に売ることで売電収入を得る新しい農業の形、それがソーラーシェアリングです。更に当協会では、輸入資源に頼らない無肥料無農薬による自然栽培の農法にて、環境負荷の軽減を目指しながら、エネルギー自給率、食料自給率の向上を目指します。

ソーラーシェアリング事業

SDGs項目

SDGs項目

協会の活動

協会の活動